アレルギー ドッグフード

アレルギーのある犬にはエサにこだわって下さい。

私が飼っている犬はアレルギーがあります。毎日メヤニがひどく、赤く腫れてとても痒がったので辛そうでした。疑いがあると感じて病院で診察を受けアレルギーと正式に分かってから症状を改善させるように努力してきました。そして毎日与えるエサのことを意識するようになりました。

 

犬の中でも、毒性に強い犬と弱い犬がいます。弱い犬は少量の添加物でも過剰に反応してしまいます。アレルギーの疑いがある犬には低アレルギードッグフードをおすすめします。またアレルギーの症状にもいろいろあります。特定のドッグフードを与えていて、皮膚がただれ毛が抜けるようでしたら化学合成添加物などが原因の可能性が考えられます。

 

それでも症状が良くならないときは、私は手間が掛かってしまうのですが、エサを手作りに切り替えてアレルギーの原因と考えられる食材を一つずつ抜いていきます。

 

そうすることで何が悪いのか特定できます。手作りのエサの作り方は本を見ながら覚えていきました。「食材は何を使えばいいか?」「調理方法は?」「どれくらいあげればよいか?」初めは大変ですが、犬の調子が良くなればいいですし、病院に通院して費用が掛かることを考えると手作りに切り替えたほうがいいと思います。

 

ドッグフードについて

ドッグフードをどこで選んでいますか?私は以前ペットショップで店員をしており、色々勉強してきました。

 

まず、ドッグフードを手にした時見てほしいのは裏面の原材料です。原材料の記載は一番多く含んでいるものが一番最初に書かれています。わんちゃんは肉食なので一番最初に肉類がないとわんちゃんに一番適しているとは本当は言えないのです。

 

肉類以外にも色々入っていますが、とうもろこしと書かれているものがあります。とうもろこしと記載されているものの多くは、とうもろこしの芯ごとミキサーしたものを入れています。なぜかと言うとその方が重量が稼げるからです。人間は芯を食べる人はいないですよね?コーンと書いているのは、実のみ使用しています。全てではないですが、わんちゃんの為に気をつけてあげたいですね。

 

ちなみに、人間の食べているものを欲しがるとは思いますが、絶対あげないでください。あげてはいけないものは、聞いた事あると思いますが(ねぎ類、チョコレート等)基本的には人間の食べ物は塩分がありますし、人間の食べ物の味を覚えてドッグフードを食べなくなる子もいます。わんちゃんの健康を考えると絶対あげない方がいいと思います。

 

もし、ドッグフードを食べなくなったら、缶詰と混ぜたり、手であげたり、色々その子に合ったやり方を探しながらドッグフードを食べるようにして、健康で長生きできるようにしてあげてください。